2014年1月1日水曜日

2014年の目標

あけましておめでとうございます。2014年もよろしくお願いします。

(実家で探してきました)

2014年は十二支では午年ということですが、60年周期の干支では甲午(きのえうま)になります。午という字は、正午や子午線上というように、てっぺんを表す意味です。つまり午年というのは成長が極限を過ぎて、衰えを見せ始めた時のことを言うそうです。一方、甲は十干で一番目の字になり、古い体制が終わり、革新がはじめるということらしいです。

ちょうど60年周期で見てみると、1954年はゴジラの公開、世界初の原子力発電所、昭和の大合併など、高度経済成長を象徴する出来事があったようです。以下、その後の甲午の出来事をWikipediaより箇条書きにしてみます。

1894年 日清戦争。
1834年 イギリス、東インド会社中国貿易独占権廃止。
1774年 解体新書や若きウェルテルの悩みの刊行。
1714年 多くに対する大粛正、江島生島事件。
1654年 ウェストミンスター和約締結、第一次英蘭戦争(1652年 - )終結。
1594年 石川五右衛門、三条河原で釜茹での刑に処せられる。
1534年 イグナチオ・デ・ロヨラ他7名によってイエズス会が結成。
1474年 ダライ・ラマ1世の死去。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E5%8D%88



2013年のテーマはInsideとOutsideということでした。2013年は派手なアクションはありませんが、「ものづくり」の舞台裏を考えた年であったかなと思います。

2013年の半ば、「それ、ジョブズならなんて言うかな?」とかうざい発言をするようにもなりました。スティーブ・ジョブズの映画が2本公開され、それを観に行った影響です。

最初、馬鹿にしていた「あまちゃん」にもハマり、何を聞いてもあまちゃんの話だと勘違いするようになってました。

また宮崎駿の「風立ちぬ」公開、そして引退に際して、スタジオ・ジブリのものづくりについて考察をしました。風の谷のナウシカから始まり、その後の全ての作品において、それぞれの挑戦があることに驚かされます。

そして年の最後に「ゼログラビティ」を観て、天地が裏返るような衝撃を受けました。まだ観ていないひとは、是非、観に行ってみてください。IMAXで。

2014年のテーマとしてはコア(核)ということにしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。





2013年11月11日月曜日

シリコンバレーに行ってきました


2013年11月2日からシリコンバレーに行ってきました。視察目的での訪問です。さまざまな人に大変お世話になりました。まずは思うところを、そのまま書いてみたいと思います。

ぶっちゃけいうとシリコンバレーはIT企業以外、何もありません。故に若い人はサンフランシスコに住みたがっているとか話を聞きましたが、まあそんなことはどうでもよく。僕が痛感したことは何もない地域が、これだけの企業の集合体を生み出し、そこから世界に影響を与えるプロダクトが生産されていることです。

僕はこれまで日本人がシリコンバレーに行って起業することの意味があまりわかりませんでした。なぜなら、海外で受ける日本人が作ったモノは日本的であるものが多く、海外で展開するのにはそこが鍵だと思っていたからです。つまり海外に行くことによってそのメリットを消してしまうのではないかと。今回の訪問でその考えはある意味正しく、ある意味間違っていたことに気づきました。

シリコンバレーにある企業は、その中に独自の国家を作ろうとしているのです。つまり、日本対アメリカではなく、ローカル対グローバルという視点を持ちました。テクノロジーを使って世界的や普遍的な問題にアプローチするための場所がシリコンバレーなのだと思いました。実際に多くの住人は世界中から集って来ていて、インドを含むアジア人を見かける事が多いです。

もう一つ思ったことは、これはシリコンバレーに限ったことではないのですが、ひとや土地には波長があるということです。シリコンバレーにはシリコンバレーの波長が、インドにはインドの波長があって、その波長に合う人が呼ばれていく気がしました。

お世話になった方、どうもありがとうございます。







2013年10月22日火曜日

結構前の7月21日ですがシンガポール行ってきました


シーシャ吸って、カジノ行って、インキュベーションセンター見てきました。ざっくりと時間を決めて現地でという流れだったんですが、すんなり合流できました。すごい発展です。あとせっかくなのでiPad min cellularを買ってきました。

2013年5月21日火曜日

2013年5月18日の朝日

先週末に合宿をしまして、その帰りの朝日が綺麗だったので。

2013年3月6日水曜日

ゼロ・ダーク・サーティを見てきたよ


そうえいばゼロ・ダーク・サーティを見てきました。友人から誘われたのですが、その後もまた別の友人から誘われました。友人の数はそんなに多くないと思っているので、僕がこういう映画が好きだと思っているのか、こういう映画が好きな友人が多いのか、その両方なのかどちらかだと思います。
ゼロ・ダーク・サーティ』(Zero Dark Thirty)は、ウサーマ・ビン・ラーディンの捕獲・殺害ミッションに挑む特殊部隊を描いた2012年のアメリカ合衆国のアクションサスペンス映画である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%AD%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3 

内容については「極めて不正確で誤解を与えている」との批判もあるようです。

http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPTYE8BJ03V20121220

ただ僕はこうした批判がある事自体がジャーナリスティックであり、この作品を通して貫き通している素晴らしい点だと思いました。最後に主人公が飛行機に乗った時の「沈黙」という答えが印象的でした。


(これならネタバレじゃないよね)